高校野球

夏の楽しみといえば、高校野球である。
外は35度くらいある暑い日に、網戸だけにしてそうめんを茹でながらテレビを付けっぱなしにする。
そんな夏の家での風景とともに、歴代の名試合が蘇ってくる。

高校野球のファンというか、正確に言うと、私は高校野球放送ファンだ。
名試合には必ず名実況がつきもの。
動画サイトでは、これまでの劇的な逆転シーンが多数投稿されている。

いずれにも、冷静に伝えていたアナウンサーの熱が一気に上がっている様子がよく分かる。
均等なトーンで伝えていた中で、エラーやホームランなどが出ると、声が裏返りながらも「逆転!逆転です!」と伝えているのを見るだけで、大感動である。
最近、たびたび強豪校の体罰問題について取りだたされる。

私は女子高だったため野球部の記憶は中学までだが、やはり厳しい指導というものはあったように思う。
でも、理不尽に殴られたりすることは無かったはずだ。
野球部員達は今でも顧問を慕い、結婚式に招待したりしている。
どこからが体罰なのか線引きは非常に難しい所だと思う。

プロ野球の名匠は、指導力がある監督は殴ったりしないとはっきり断言している。
しかし、強豪校の監督がこれまで一度も拳を握ったことがないかというと、否定はできないと思う。
私はスポーツに取り組んだことがないのであくまでもイメージだが、厳しいスポーツには厳しい指導は必要だと思う。
高校野球に限らずだが、ただでさえ照りつける太陽の中、非常に緊迫した空気で戦わなければならない。

監督からのプレッシャーもあるだろう。
しかし、日頃の厳しい指導を思い出しながら、絶対に勝ってやる!という気迫があるからこそ、勝利につながるのではないだろうか。

«
»