餃子の焼き方

餃子が好きでよく食卓に登場させるが、これだ!という焼き加減が未だにできない。
豚挽肉にたくさんの白菜やニラなど野菜を入れた餃子が好きで、よくタネを作って、皮を買い、自分で作っていた。
しかし、上手に焼けないので、自作のタネが破れた皮から出てくるのが哀しく感じてきたので、有名な中華飯店で冷凍餃子を購入することが多くなった。

この中華飯店は全国的に話題になっているほど美味しくて有名なお店。
餃子がメインだが、他の中華料理のホイコーローや担々麺など、すべてのメニューが絶品だ。
中国で一般的にありそうな、食堂というような店構えだが有名人も訪れるお店だ。

地元の餃子は博多餃子といって、小さなサイズの餃子を鉄の小鍋にらせん状に並べて出されるのが主流だ。
薄い皮が使われ、タネが少ないのが特徴でパリっと焼けた餃子は、小さいので一人で30個くらい食べられる。
しかしこの中華飯店の餃子は全く逆だ。

モチモチとした分厚い皮に、これでもかというぐらいタネが入っている。
拳くらいの大きさの餃子は中からジュワ〜っと肉汁が溢れてくる。
しかし野菜もしっかり入っていてジューシーな美味しさがある。

一人前で7つ程度だが、お腹一杯になる。
お店では餃子を他の定食にプラスするとボリュームがありすぎるため、メインにするか、グループでシェアをする人が多い。

私はお店で冷凍餃子を購入して、書いてある通りに家で焼く。
モチモチの皮の底だけパリッと焼けるのが理想だが、蒸し餃子のようになってしまうか、逆に焦がしてしまう。
餃子の焼き方レシピを検索すると片栗粉を混ぜたお水をいれて、羽を作る焼き方もある。

失敗して粉っぽくなった経験があるので羽には挑戦できない。
餃子が大好きだから、焼き方も上手になるよう頑張る。

トイプードルの飼育
子犬の時期は飼い主が遊びの時間をコントロールしてあげることが重要
www.poos-house.com/
関連:www.kittyboggis.com

«